エアー式簡易陰圧室~タイプ別 設置位置について~

2021.08.10

今回は、エアー式簡易陰圧室 タイプ別の

設置に必要なサイズについてご紹介いたします。

 

エアー式簡易陰圧室を設置するには、

陰圧テントと陰圧装置が入るスペースの確保をお願いいたします。

【1室標準(AT-1001)】W:2.7×D:2.6×H:2.1m   【1室コンパクト(AT-1002)】W:2.7×D:2.0×H:1.9m

装置:0.8m                      装置:0.8m

                

 

 

 

【2室標準サイズ(AT-2001)】W:3.0×D:3.0×H:2.1m   【2室検査用(AT-2002)】W:1.6×D:2.4×H:2.2m

装置:0.8m                       装置:0.8m

                

 

【3室コンパクトサイズ(AT-3001)】W:2.8×D:2.8×H:2.1m

装置:0.8m

 

陰圧装置の設置場所は、本室に接している面のみとなります。

例:1室標準タイプ・1室コンパクトサイズはどの面でも設置可能。

例:3室コンパクトサイズは一番大きいお部屋に面している側面に設置可能。

※陰圧装置はテント外(外付け)に設置をお願いいたします。

 

ポイント

・陰圧装置の電源は装置の右側面にありますので、陰圧装置は正面から見て、

正面・右側・奥の右側の面に置くとスイッチのON/OFFがしやすいです。

・2室標準サイズは、添付が図面のように、前に設置することができるので、

3.0m各のスペースがあれば設置可能です。

 

他にも、

このお部屋はどのように設置すればいいですか?

このお部屋は陰圧室入りますか?

などございましたら、お気軽にご相談ください。

 

エアー式簡易陰圧室は、お部屋にあったサイズにも変更できますので、1度ご連絡いただけましたら幸いです。

 

関連ブログ記事

【エアー式簡易陰圧室 導入事例 1室コンパクトタイプ】

【エアー式簡易陰圧室】 感染症対策としてご利用いただいた簡易陰圧室の導入実績をご紹介いたします。 【1室コンパクトサイズ】 エアー式簡易陰圧室の1室標準サイズ(W2.7 D2.6 H2.1)が部屋に入らない場合は、 コン […]

【少し理解が深まる! エアー式簡易陰圧室の詳細情報① 】 ~CDCガイドライン準拠について~

新型コロナウイルスなどの感染症対策商品として、補助金の対象にもなっている「簡易陰圧室」の需要が高まっております。 今回は、CDCガイドラインの情報も踏まえながら、エアー式簡易陰圧室をご紹介いたします。   CD […]

【少し理解が深まる! エアー式簡易陰圧室の詳細情報② 】 ~オリジナルサイズ作成について~

  ①お客様の声(お困り事)をお聞かせください! 解決したい課題についての聞き取りを行います。 過去お問い合わせでは、 ・柱があって、この部分を避けながら置きたいです。 ・こんな使い方したいので、ここに窓やチャ […]

エアー式簡易陰圧室~実績紹介 第1弾~

今回は、「エアー式簡易陰圧室」の実績紹介をいたします。   今年度では、 北海道札幌市にある病院様にご購入いただきました。   こちらのお客様は、 「即納」という部分をご覧いただき、お問い合わせをいた […]

エアー式簡易陰圧室~よくあるご質問 第一弾~

  今回は、エアー式簡易陰圧室のよくあるご質問についてお答えしていきます。   Q1. 1室と2室・3室の違いは何ですか? A.  2室.3室には、前室があります。 前室の役割とは… テン […]

宮崎本社
0985-64-5399
関東支店
043-497-6088
お問合せ