簡易水槽・給水タンクについて

2021.07.14

先日から全国的に記録的な豪雨となり、

さまざまな地域で多くの被害が報告されています。

 

周辺で断水 生活水足りず 1100世帯が被害

https://www.fnn.jp/articles/-/206031

現在、公民館など6カ所に給水タンクが設置されるなど、支援が続いているが、

熱海市の給水車だけでは補充できないため、周辺の自治体から、日替わりで給水車を借りて賄っている。

給水タンクの水は飲料水のため、洗濯やトイレなどに使用する生活水は足りておらず、住民たちは不便な生活を続けている。(引用)

 

折りたたみウォータータンク

上記でもあったように、「給水車」が足りなくなる事態も起きてしまいます。

また、いざ「給水車」を集めようと思っても、被害は広域的に受けるため時間も要してしまいます。

そこで、弊社の「折りたたみウォータータンク」のご紹介です。

災害時の飲料水・生活用水を確保することができる簡易型貯水タンクです。

①水を1000Lまで貯水することが可能な保水タンクです。(オリジナル作成可能)

②保水タンク用のカバーで異物混入を防ぎます。マジックテープ式の蓋がついています。

③鉄製のカバーがついています。フォークリフトで移動できるよう、底面に空間があります。

 

軽トラが散水車代わりに

タンクの下はリフトの爪がさせるようになっているので、

軽トラの荷台に載せれば、簡易散水車としても使用ができます。

散水車の到着・手配を待つよりも、軽トラなどであれば、より早く手配ができると思います。

 

過去 雨がやんだあと土砂災害が発生した事も

 

貯水タンクや散水車、簡易水槽など、弊社でお役に立てることがあれば何なりとお申し付けください。