【塗装ブースとしても使える】

 

車やバイク、その他製品へ「塗装」を行う際に、

「塗装ブース」が必要となってきます。

自分でパーツを塗装しようと思った時、問題になるのが場所。

外だと風もあるし砂ぼこりも舞うしであまりいい環境ではありません。

かと言って自宅のガレージは塗料が飛び散るのであんまりやりたくないなー。

そんな時に仮設の「塗装ブース」があればいいなーと思い、少し調べてみました。

 

そもそも、「塗装ブース」とは?

塗装ブースとは、塗装を行う為に仕切られた領域、室を言います。

塗装面にホコリ等を付着させず、また周囲に塗料を飛散させないことが目的です。

 

 

塗装ブースは、工事を要するコンテナ型や、

大型のテント式など様々なものがあります。

実際にDIYで手作りされている事例もありました。

 

 

ただ、組み立てに時間がかかったり、

収納スペースがかなり場所を取るなど、懸念点はあるようです。

 

 

そこで、弊社のエアー式(空気をいれるだけ)の技術で

「エアー式塗装ブース」なんかも簡単に作ることが出来ます!

 

 

※他事例

 

空気をいれるだけで誰でも簡単に設置が出来るため、

必要な時に約5分で設置が出来、

使わない場合は省スペースで保管が可能。

また、持ち運びも可能な為、どこででも塗装ブースを作り上げることが可能です。

別商品にはなりますが、設営撤去の参考動画です。

 

 

弊社では、オリジナルサイズ・デザインで1台から作成が可能です。

ご興味のあられる方は、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

 

お問い合わせ