マンホール噴出防止用カバー(集中豪雨)

急激な増水の際に、大量の水がマンホールに流れ込むことを防止するための「水のうカバー」です。

ツール詳細

下水道に大量の水が流れ込むと、配管内の水量が急激に増えます。そして、許容量を超えると水圧によりマンホールを押し上げ、水があふれだします。

 

大量の水が流れ込むことを防ぐための高さ30㎝のマンホール噴出防止カバーです。現在は、土のうを利用してマンホールをカバーする工法が広く利用されています。この水のうタイプは水を入れるだけで設置できるために、一人で設置をすることが可能です。

 

 

使い方

①畳んである商品を広げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②キャップから水を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③2層それぞれ水を入れると完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④水を抜くときは黒の穴のネジを外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q&A

Q:折りたたんだ時はどれくらいの大きさですか。

A:W0.6×D0.4×H0.5(m)です。消火栓を横に置いてみました。サイズ感ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q:空気でも膨らみますか。

A:膨らませること可能です。設置4分、片付け3分ほどでご対応いただけます。

 

Q:水はどれぐらい必要ですか。

A:約300L必要です。

弊社の水道でどれくらいの時間で溜まるのか確認してみましょう。

18L入るポリタンクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1分間水を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18Lのポリタンク1/5ほど溜まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1分あたり18/5L=3.6L普通の水道では水がためられることが分かりました。

マンホール噴出防止用カバーは容量が300Lのため、

300L/3.6L=83分でいっぱいになります。

 

 

Q:納期はいつになりますか。

A:既製品がある場合は即納可能です。

既製品がない場合は、ご注文から約40日かかります。

※2023/6/6現在は1セット即納可能です。

製品仕様

サイズ
全長 W1.5×D1.5×H0.3(m)  折り畳み時 W0.6×D0.4×H0.5(m)

宮崎本社
0985-64-5399
関東支店
043-497-6088
お問合せ