折りたたみ式水嚢(浸水対策)

「土嚢」の代わりに「水嚢」で水の侵入を防ぐ、ウォーターウエイトです。

ツール詳細

近年の大雨は、年々記録を更新しています。

これまで浸水被害のなかった住宅地でも、これからはいつ浸水被害に見舞われるかわからない状況になっています。

もしもの時の備えとして利用できる、保管も簡単な水嚢です。

 

使用方法

 

①水を入れていない状態

②水を入れる部分

③水を入れる様子(1L~30Lまで、注水可能)

④排水の様子

 

水嚢を使った浸水対策

浸水を防ぐには、水をせき止めるか、別の方向へ誘導するしかありません。

そのために有効なのは「土嚢」ですが、一般家庭で用意するには難しいです。

しかし「水嚢」なら水を入れるだけで簡単に設置ができます。

 

どこが効果的か

どこの家庭にもある、「お風呂の排水口」「洗濯機の排水口」などは割と知られていますが、

「トイレの中」はあまり知られておりません。

逆流浸水の水圧はせいぜい1~3㎏程度のため、水嚢の水の量は5L(5㎏)以上であれば防げるといえます。

しかし、水嚢を置くとぺたーと広がり重さが分散するので、水は8ℓから10ℓ入れた方が安全です。

 

置くだけで防くことができるため、低地の住まいで「不安だな」と思ったらとにかく設置する。

避難する際も、自宅の逆流浸水対策をしておくだけで不安要素が減ります。

使い終わった後も、中の水はキレイなので浴室の掃除などに使えて無駄にはなりませんし、

断水時は煮沸して飲み水にもなります。

 

 

製品仕様

サイズ
50㎝✕50㎝(満タン注水時:約30㎏)
お客様にご準備いただくもの
水源

関連ブログ記事

2023.01.26

水害に備えて~浮かんで命を守る~

日本では雨が多いため、毎年どこかで水害が起きております。 全国にある1,741市区町村(平成30年末)のうち、平成21年から30年までで 10年間に一度も水害が起きていないのは、わずか48市区町村(2.8%)に過ぎません […]

【エア防災・建設ラボシリーズ⑨】エアーを利用した簡易橋 浮き橋・吊り橋としての可能性

【簡易橋 エアーブリッジ】 災害時などに使用ができる、簡易橋 エアーブリッジ を試作しました。 橋の普及を待たず、短時間で救助が出来ればと思います。 想定している使用方法は大きく2つ考えています。   &nbs […]
2023.01.26

【貯水プールご利用実績:降雨実証実験】

先日、お客様の「降雨実証実験」にて、弊社の「貯水プール」をご利用頂きました。   防犯カメラ映像で浸水状況を再現する新システム開発へ実証実験 新システムの実証実験ということで、テレビ取材・日本経済新聞さまにも取 […]
2023.01.26

【車輛を水没・浸水から守る】

皆様は、愛車の水害を想定したことはありますか? 一度車が水害にあうと、エンジンが動かなくなったり、 車を修理に出す羽目になったり、廃車にしなければいけない事態にもなりかねません。 最悪の場合は死亡事故にも繋がるケースもあ […]
2023.01.26

大雨による被害対策

大雨による水害の犠牲者数は 令和3年8月 11名 平成30年7月 232名 と多くの方が、被害にあっております。     また、浸水や土砂崩れにより亡くなる方もいらっしゃいます。   現在、 […]
2023.01.26

福井県 防災ミニ教室開催

12/5 福井県にて防災ミニ教室が開催されました。 そこで弊社の「ジョイントエアーパネル」をご紹介させていただきました。   日常使い[指定避難所の日常安全等で利用]から災害時にも機能する点や 浮く構造を利用し […]