イージー オペ ユニット

牧舎等の屋外でも隔離して診療等が行える簡易手術室です。

ツール詳細

乳牛・肉牛の生産現場では、屋外の牧場内で手術をするケースも多く、

多くのホコリなどが舞い、決して衛生的な環境とは言えません。

そこで、牧舎等の屋外でも隔離して診療等が行える簡易手術室を開発しました。

 

 

手術用固定具を完全に覆うことができるスペースをエアー式のテントでカバーします。

また、前後方、左右にも入り口を設けており、牛の動線を容易に確保し、

獣医師も手術をする部位・種類に応じて様々な態勢を取って手術が出来るように、スペースも確保しています。

 

 

さらに安全に、陽圧状態について

陽圧状態とは

「外よりも気圧が高い状態」のこと。

空気には、気圧が高い方から低い方へ流れる特性があります。

この特性を利用し、室内の気圧を外気よりも高くすることで、清浄な空気を保つ仕組みが「陽圧化」といいます。

 

 

オリジナルデザインで作成可能

お客様によっては用途やスペースなども異なると思います。

弊社では自社工場にて制作できるため、お客様のご要望に近いデザイン・サイズで制作することが出来ます。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

お客様からのお問い合わせから生まれた商品です!

実はお客様のお問い合わせから開発した商品です。

上記と重複しますが、牛や豚の手術は、牧場内や屋外、手術室以外で行うことが多い為、

空気中に浮遊している落下細菌による手術部位の汚染が問題になっている。

また、運搬や施設状態にも影響してくる。

なにか簡易的に小屋をつくることができないか。

というお声から、開発させて頂きました!

弊社でお役に立てることがあれば下記お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください!